遺言

遺言書を見つけたらどうする?

1 .遺言書を見つけた場合

 遺言書を見つけた場合、遺言書の保管者または相続人は、被相続人の死亡を知った後、迅速に遺言書を家庭裁判所に提出し、検認を請求する必要があります。

2.検認とは?

 封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人またはその代理人の立会いがなければ開封することはできません。違反すると5万円以下の過料(行政罰)が科されますが、遺言自体が無効になるわけではありません。例えば、自分に都合の悪い内容が書かれていると思った息子が意図的に開封義務に違反し、遺言を無効にしようとする可能性もあるため、開封義務に違反して無効になると問題が生じます。
 相続人には、遺言書を書き変えたり捨てたりする可能性があるため、それを防ぐために遺言書の状態を確定し、その存在を明確にするのが「検認」の目的です。
 したがって、検認は遺言が遺言者の真意に基づいているか、有効かどうかを判断するものではありません。単に遺言書の存在を明確にすることであり、遺言の無効性を争うことは検認後でも可能です。

3.検認の必要のない遺言

 公正証書遺言は、検認をする必要はありません。なぜなら、公正証書遺言は公証人などによって内容と存在が確認され、その記録が公証役場に保管されているからです。

 ※参考書籍 司法書士試験 リアリスティック3 民法III 著者 松本 雅典

🔶メールでのお問い合わせはこちらです。
メールでお問い合わせ

🔶LINEからでもお問い合わせ頂けます。
LINEでお問い合わせ

🔶ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。
「☎0120-764-178
※9:00~20:00まで。土日祝日も対応しています。

 無料相談では、相続・遺言・行政手続きに精通した司法書士が懇切丁寧に対応します。丁寧な対応と言葉遣いに心掛け、お客様に安心してご相談していただける雰囲気作りに努めています。また、すべてのお客様に訪問相談サービスを提供し、場所にとらわれず便利に司法書士を活用できる体制を整えています。お手続きのご依頼を無理強いすることは決して致しませんので、ご安心ください。

🔶トップページ
岡山の相続・遺言は司法書士れんげ法務事務所へ
※岡山市・倉敷市・総社市・備前市を中心に県内全域で対応しています。

司法書士れんげ法務事務所

司法書士れんげ法務事務所

◎相続・遺言・不動産法務・会社法務・成年後見・消費者トラブルなど、法律事務は「司法書士れんげ法務事務所」にお任せください。岡山市・倉敷市・総社市・備前市を中心に県内すべての地域で対応しています。 〒700-0927 岡山市北区西古松二丁目26番22号 上杉第8ビル西古松1階101号室 司法書士れんげ法務事務所 代表司法書士 梅本 光 TEL:050−3635−3240 FAX:050−3146−4240

関連記事